イメージ画像

謝っては駄目はホント?

これはケースバイケース。

ゴメンの一言で済む問題が、居直った印象を相手に与えてしまった事により、裁判に発展したケースも少なくないのです。きちんとした証拠保全と専門家の適切な指導があれば、口から出た言葉など些末なものでしかなく、気が動転して書いた念書すら無効になることも珍しくありません。

明らかに自分に非があるときは、人としてきちんと謝りましょう。

きちんとした証拠保全がなされていれば、「ゴメン」の一言で覆されるような事はまずありません。

それよりも人としてのマナーを大切にした方が宜しいのでは と思うのです。

室内

このページの先頭へ