イメージ画像

実況見分調書

警察の作成する交通事故の捜査記録は、実況見分調書 と呼ばれるものです。よくネット検索していきますと、実況見分調書の記載に 誤りがある! 捏造だ! そういった記述が多い事に驚かされます。

警察実況見分調書

警察実況見分調書

確かに、死亡や重篤で、当事者一方からの録取のみで作成されたものも少なくありません。これが素人である当事者の主張であれば、判らないでもありませんが、プロであるはずの同業者のHPにも同様の記載が見られる事に驚かされます。

そもそも、調書を作成するためには、写真撮影技術・測量技術・供述録取技術 様々な能力が必要とされるのです。仕事柄、多くの調書を拝見しますが、警察官個々の能力は相当に高く、素人目にも判るような矛盾がある事は希です。

誤りを主張するからには、最低限でも同等のモノを作成する力が必要不可欠です。それでも、実際の争いの現場では同程度では不十分であり、より高い精度のものでなければ、相手にもされない現実があります。口頭で、間違いだ! 捏造だ! を繰り返すだけでは何の解決にも寄与しませんし、逆に関係者の態度を硬化させるだけです。どこが事実と違うのか? どこが間違いなのか、少なくとも箇条書きできる程度には頭を整理して下さい。

弊所では、これまで培った様々な調査技術・作図技術を駆使して、より説明力に富んだものをご依頼人様に提供することが可能です。

 

弊所事故状況再現図例

弊所事故状況再現図例

このページの先頭へ