イメージ画像

受傷位置説明図

自動車事故の痕跡一つ一つが、事故状況を示す証拠であるのと同様に、受傷位置の一つ一つが事故の態様を雄弁に語ります。

正確にはバイオインパクトと呼ばれ、法医学の領分ですが、XPやMRIの受傷位置を再現することで、受傷時の体躯姿勢や、衝撃の大きさ、衝突時の速度まで判別に資するデータの収集が可能となります。また、受傷直後の傷の状況であれば、更に事故解明を進める上で有力な証拠が得られます。

尚、当事者が女性の場合、女性の行政書士が撮影、録取等実施しますので、デリケートな部分の受傷ついても異性に知られることなく、証拠保全が可能です。

自賠責保険請求においても、精緻に作成された受傷位置説明図の添付等が遺障害等級認定に対する効果を発揮する可能性があります。

ケースによっては衝突時における運転者姿勢・車両角度の再現も可能となりえます。

受傷位置説明図

受傷位置説明図2

このページの先頭へ